×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

口下手を治す方法

口下手対義語は口上手というそうです)と言うものは、なかなか人から理解してもらえず、辛い思いをしている方も多いことと思います。学生(できることならもう一度戻りたいという方と絶対に二度と戻りたくないという方に分かれるようです)時代なら友人が少ないとか恋人ができない程度ですみますが、社会人になると仕ことによりは口下手ではどうにもならない面も多々発生します。まあ友人、恋人って大きい問題ですが・・

もちろん、口下手な方が営業職(向き不向きもありますが、努力次第で成績が伸ねせることもあるようです)や販売職につくことはあまりありませんが、新入社員研修でそういう仕事をさせる企業(会社ともいわれます。営利目的で活動を行っている経済単位をいいますね)も現実にあるため辛いといえるでしょう。おそらく多くの方は、子どもの時からの口下手に悩み継続しているのではないでしょうか。

大人になってから、ある日突然に、口下手になるということはあまりありません。悩み継続して大人(矛盾やままならないことを飲み込んでいける人のことでしょうか。周囲の人に迷惑をかけない、不快にさせないということも大事でしょう)になってしまう人がほとんどですし、多くの方は直そとこれまでも一生涯懸命だった事でしょう。では、口下手は一生完治しないのかというと、個人差はあるものの、治る、または、気にならなくなる可能性はけして低くはありません。

その為にも、様々なことを話す練習をするのが一番ですが、その練習(その時はつらくても後で振り返ると充実していたと懐かしくなるでしょう)には方法が必要です。ひとまず、会話を自分自身がたのしめる事が一番重要なんです。辛い思いをしながら、一生懸命に話しかければ練習(正しい方法でやらないと、いくらやっても上達しないでしょう)になるといったものではありません。ご自身の好きな話、得意なことを楽しみながら話すことが大切なんです。

会話(コミュニケーション力と言い換えることもできるかもしれません)を楽しめると言うことは、つまり、話す事が苦痛ではなくなるからです。そのためには、何らかのサークルや習い事に参加するのも一つの方法です。同じ趣味をもつ人同士なら、相手にとっても興味のある話ですから会話を続けやすいそうです。また、料理教室やテニス教室などでは、必然的に仲間と会話(ほとんどないと、熟年離婚の原因にもなりかねないでしょう)をする事になりますね。趣味の合う人と趣味の話をしながら練習(正しい方法でやらないと、いくらやっても上達しないでしょう)をすることにより、段々に会話(これが上手だとモテるなんてよくいいますね)することが楽しくなるでしょう。とりあえず今注目されている口下手を治すマニュアルを紹介しますのでチェックしてみてください。


>>人を惹きつける話し方講座