×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

口下手でも面接突破

口下手の方は、日常的ないろいろな面で苦労をし、辛い思いをするはずですが、とくに面接と言うのは人生がかかっているだけに緊張が高まる瞬間です。普通の方でも緊張して上手に喋れない事が多いのに、もともと口下手な人の場合の緊張や不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)は計り知れないものがあります。しかし、面接は饒舌ならば上手くいくとは限りませんから、口下手(話すのが苦手な人を指す表現ですね)なことが面接で著しく不利になるということにはなりません。

面接官が見ているのは、その人物の人となりや意欲です。販売員や営業職(向き不向きもありますが、努力次第で成績が伸ねせることもあるようです)の場合なら口下手では困ってしまいますよねが、技術職やクリエイティブな部門では口下手(訓練次第で話し上手になることもできるといわれています)でも全く問題ないでしょう。ですから、必要以上に「口下手だから不利だ」と思わないようにすることが、まず一番重要な事です。

次に、面接の前に少しでも緊張状態を軽減するべきだと言えるのです。面接の練習(最初はできなくても、次第にできるようになっていくものです)を行うことも緊張を緩和させるのに少しは役立ちますから、是非1回でも?ある練習をして下さい。スポーツ選手でも行うといわれているものですが、イメージトレーニング(自分に合った方法を見つけることができれね、継続することもそれほど困難ではなくなるでしょう)やシミュレーションは多いほど成功に繋がるはずです。

また、面接で最も重要なのは、自分の能力や意欲を買ってもらうことです。あなたの良いところを日頃から意識(高く持たないと成長できないといわれています)するようにして、わずかでも自信を強めてください。自分の言いたいことを言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が畭なるものです)に書き記し、それを言葉として話す練習もしたいところだと言えます。とにかく、口下手(話すのが苦手な人を指す表現ですね)というだけで面接で不利ということもはないため、一般的な面接の心得を熟読して練習(コツコツと毎日積み重ねることが、最も上達を早くします)をつんでみて下さい。
http://www.cspicy.com/kaiwa/