×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

口下手の方が営業で売れる?

口下手な方は一般的に営業職などは避ける人が多いものの、中には口下手克服の目的で敢えて営業職に就いたり、社内の人事異動で強制的に営業職に回されてしまう可能性もあるのです。営業と言えば、セールストークで商品やサービスを売り込むのが仕事です。日常から得意先の人との関係を作り上げ、トークによって購入意欲を上げていくことで営業成績を上げます。

口下手(対義語は口上手というそうです)な人には、最も不得意な分野といえるかもしれません。しかし、中には口下手な人でも、営業職で成功をおさめるケースがあるみたいです。それは、真面目な性格(クレッチマーやユング、ルドルフ・シュタイナーなどがそれぞれに類型論を考えています)や人柄に頼る所がとても多い仕事だからです。話し上手でセールストークがすらすら出てくるような人は、当然、売上を伸ばすことが多いのですが、実際には相手がセールスマンを信用しなければ購入や契約には辿り着きありません。

セールストークが上手にてとりあえずは購入したけれど、あとでよくかんがえてみると、乗せられただけのような気がして解約したいなんて経験をした人もいるのではないのでしょうか?

でも、口下手(話すのが苦手な人を指す表現ですね)な人は、それだけ、一生懸命説明したり、親身になって希望を聞いてくれたりするので、人間性を信用してくれれば、その後も関係は長く続きます。そういった意味では、口下手(訓練次第で話し上手になることもできるといわれています)な方が生涯懸命説明するその姿は好感に繋がることも多く、意外と、営業職(向き不向きもありますが、努力次第で成績が伸ねせることもあるようです)で成功する場合だってあります。

ただ、性格(人や動物の性質を表わす言葉です)によって耐えがたいストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)にもなりますので、自分の性格を見極めた上でトライするとよいかもしれませんね。営業で成功をおさめることによって、口下手が解消するというケースってありますよね。