×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

人と話をするのが苦手

就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)をしようといざ求人情報誌や求人サイトを見ると、営業の仕事が割と多いことに気づかれるかになるはずです。営業はどうしても「ノルマが厳しい」というイメージが強く、就職したいと望むひとが少ないのですね。実際に営業に就いていた人に話を聞いても、初めから望んで就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)したのではなく、誘われてなんとなくだったり、他に就職(仕事についていない期間が長いほど、次の就職が困難になってしまいがちです)できるところがなかったという方も多いようです。

営業職(向き不向きもありますが、努力次第で成績が伸ねせることもあるようです)に就職(仕事についていない期間が長いほど、次の就職が困難になってしまいがちです)といってもどの会社もノルマがきびしいものではなく、その会社ごとにも変わってきますし、逆にノルマ(あまりにきついと労働意欲をなくしたり、過労死の原因になったりもするでしょう)がないとやる気(なるべく最初のハードルは低くして、徐々に上げていくというのが、挫折しないコツなんだとか)がでないという人もいるみたいですよ。自分が成績をあげればあげるほど、収入も高くなるのですからこれほどやりがいのある就職(仕事についていない期間が長いほど、次の就職が困難になってしまいがちです)先はないなんですね。

人と話をするのが苦手だからと敬遠されがちな営業職(人当たりが良く、コミュニケーション能力が高い人が多いものです)ですが、実は営業というのは、自分が話をするよりもいかに相手に話をさせるのかといった能力の方が問われるとされています。営業職に就職したなら、商品のメリット(メリットねかり考えていると、思わぬ損をすることもあるでしょう)や自分の話だけを淡々とするのでは無くて、お客さまが何を欲しがっているのか、どんなことに困っているのかといったニーズを聞きだすことが大切なのです。

こう考えると、口がうまい人よりも相手の話を上手に聞くことの可能なひとの方が、営業職(人当たりが良く、コミュニケーション能力が高い人が多いものです)には向いているといえますから口下手と思っている方でも、ヤル気次第でどんどんスキルも給与もあげられる営業職への就職はお勧めです。